www.gsmdblog.com

車を運転している時、「クルマを持ったままで直ぐ融資可」などという立て看板や張り紙が目に付くことも多いでしょう。こういったお知らせは、車を担保としてお金を融資する広告であることが多いはずです。車担保融資と言われている言葉は、耳にしたことがあっても、実際にどのような融資のスタイルなのかそれほど把握していない人も少なからずいるはずです。車担保融資とは、それだけ有名ではないローンキャッシング方法ともいえると思います。車担保融資では、車を担保にすることで、自動車の現状の売値価格を出し、その金額の査定範囲の中でのキャッシングを原則として行っています。通常の自動車買い取り専門店での査定と同様に、距離を走っている車や修復歴がある車であったりする場合は、査定額が安くなることがあるようですので、車を担保としてお金を融資を受ける時には知っておくといいと思います。車担保融資は、「クルマ」という形があるのものを保険として抑える方法ですので、貸金業者などで借り入れがストップしている人でも直ぐに査定枠での融資を行ってもらえるようです。さらに言えば、銀行や貸金業者でのキャッシングには様々な手続きや厳しい審査などがありますが、車という自分が保有する価値のあるものを使い行うローンですから、そういったものが不要ということもあるようです。最近では、愛車を返済に行き詰った際の保険にしてローンを受けても、車を以前同様保持することが出来る車を使った担保融資も増えてきているようです。けれども、この融資方法の弱みとしては、愛車の査定内容にローンの金額も左右されますから、持っている自家用車によって、本人が志願する限度額のローンを受けられないということも十分あるようです。車を返済に行き詰った際の保険にしますから、もし支払いが出来ない際は、直ちにクルマを売らなければならないのも、弱点となります。クルマが生活する上の必需品である場所では、車を担保とするキャッシングのやり方は、相当危険が多いといえるかもしれません。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.gsmdblog.com All Rights Reserved.