www.gsmdblog.com

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売り買いして収益を稼ぐ投資です。売買の注文の値は常時上下しています。それが為替市場です。ラジオを聞いていると外貨の為替の話題が流れるケースがあります。見かけるのが、「ただいまの為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを示しています。要するに、外為取引には買いと売りの2個の値が存在している事を表しています。売値、買値の事を別の言い方で表示しているFX会社もあります。通常は売値の方が低い値段に設定されるものです。実際に買値は高く、売値は安くなるはずです。この差をスプレッドといい、会社の稼ぎといわれています。スプレッドの差は会社によって変わります。スプレッドはみなさんにとって手数料になるので、狭い業者をセレクトするほうが得です。ただし、同じ取引会社でも局面によってはスプレッドの狭さは変化します。いつもは円とドルの組合せで1銭のスプレッドの狭さであるとしても為替相場の上げ下げがとても大きいケースでは1銭よりも大きくなったりする場面があります。という事で、スプレッドが低いのと合わせて、固定しているということが大事です。この頃では固定でスプレッドの差を見せるFX会社もいろいろ存在します。リアルに取引業者の取引画面で実際の為替レートを見て確認しなければ見分けられないので手間がかかりますが必要不可欠な事です。大事な財産を投入して売り買いをするのですから売買の前に心惹かれた取引会社の取引するための口座開設を積極的にしてスプレッドを確認しましょう。同じペアでも、その時点の市場の状況によって、スプレッドは変わることがあります。いつもはインターバンク市場で取引量の多い、流動性の高い外貨ではスプレッドが小さくその他のペアではスプレッドの広さが広がる事が多いです。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.gsmdblog.com All Rights Reserved.