www.gsmdblog.com

ここでは為替の市場に関する根本的内容についてのお話です。為替というものは「自分が金銭の送付をしなくても金銭のやり取りの意図を達成するもの」になります。通常為替とはほとんど国際為替について言う場合がほとんどです。外国為替は国と国の金銭の引き換えのことを言います。外国旅行(スペイン、韓国、タイ、アメリカ合衆国)をしたならば絶対に外国為替の体験をしたことがあります。近所の銀行にて外国のマネーへ換金をした場合は、それはまさに外国の為替という事です。為替の相場とは買いたいと思う人と売る人の金額を表示したものです。銀行間の取引の結果確定されるものです。それはマーケットメイカーと言われる世界のいくつもの銀行です。為替レートはいろいろな働きを受けて休むことなく変動します。為替相場を変化させて行く要因となるのは、ファンダメンタルズが言われます。ファンダメンタルズというのは経済の基礎的条件とかいろいろな条件のことを言うものです。その国における経済成長率や景気状態、通貨政策、国際収支統計、失業者数、有力者の言葉等々の事柄が作用して為替は変わって行きます。ことさら貿易収支や失業率は影響力が大きいと考えられます。貿易収支は日本の組織でいう省庁(外務省)の指示で中央銀行(日本銀行)日本外国貿易統計を利用して書いた国外との任意の時期の経済上のやり取りを書いたものです。こちらは中央省庁や中央銀行のホームページの中で確認することができます。労働者の統計、失業者数も重大となる場合が多い原因だと言われます。ひときわ米の雇用者の統計はポイントとなります。月に一度公示され、調査対象が幅の広いことが大事なところです。為替相場の変化はその国の経済の状況を指しています。経済自体の推移を見ることにより為替レートの推移の先読みが可能と言えるでしょう。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.gsmdblog.com All Rights Reserved.