www.gsmdblog.com

クルマを所有する人ならば知っているはずですが、自動車税が課税されます。それで自動車税は、手放す愛車の売却時に当たり前に還付される税金なのです。こういったことは実際に実行してみると簡単に覚えられますがはじめから順を追って詳細に紹介します。事前に記載させて頂けば国産で生産されているクルマのみが対象ではなく外車などでも税が還ってくる対象になります。当然ですが自動車についてもそうですね。クルマを持つ人が払わなければいけないお金ですが車の排気量の大きさにより規定されています。1リッター以下ならば29500円、1リッターより上で1.5リッターまでであれば34500円になります。これからは500cc毎に5000円ずつ増えます。またこの税金は4月1日の時点で車を保有している人が来年3月までの税額を納付することになります。つまりは先払いになるので勿論ですが自動車を手放して、オーナーでなくなった場合にはその分の税は還ってくるんです。税の場合は事前納付で以後一年分の税金を支払うから年度内に自動車を売却した場合には買い取った所有者がこの税を納めなければいけないのです。買取先が買取専門店であれば、売却した際にあなたが払いすぎた税額を返金してもらえます。まとめると所有権が移った瞬間以後の税金は、入れ替わったオーナーが払わなければなりません。もしもあなたが10月の間に愛車を引き取ってもらったのであれば11月から次の年の3月の間までの税額は還付されます。というのも、前述した通り自動車税の場合は前払いであるという決まりから来ています。ということはあなたは買取先に払いすぎたお金を返還してもらうということなのです。個人的に車を手放す際に、結構このことを忘れている人が見受けられるのできっちり忘れないようにしましょう。自動車税がクルマを売却すると返ってくるということを意外と知っている人がいない事をいいことに、そのことを隠す業者もいるのです。自分から税金に関しての話題を出さなければ税金のことには言わないという場面もよく見受けられます。ですからクルマの買い取りをお願いする際には、払いすぎたお金が返金されるかどうかを確認することを忘れないようにしましょう。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.gsmdblog.com All Rights Reserved.